2006年12月13日

フラッシュメモリのデータ復旧サービス

最近は、大容量のフラッシュメモリーやメモリーカードが普及しるが、
仕事やプライベートでデーターを常時、持ち運ぶ機会が多くなってると思う。
 
 
自分自身も、仕事用やプライベートのデーターを数枚のメモリーカードと、
USBフラッシュメモリーを常備している。 
 
特にカメラが趣味の為、殆ど毎日持ち歩いてる。
 
 
B5程度のノートPCを持ち運ぶのが便利だけど、どうしても荷物になったりするので、
都心だったらマンガ喫茶やキンコーズ等のようなサービスを良く使う。
 
ちょっとしたメールや資料作成なら、1時間利用しても千円以内なので、便利なサービスです。
 
 
そのように、データーを持ち歩くのは良いのですが、偶に「ヒヤ!」っとした事が良くある。
カードリーダーがPCに認識してるにも関わらず、メモリーカードから読み取りエラーが出る場合です。
 
そうなると、ガッカリするしバックアップしてないデーターだったら最悪の事態も考えられる。
ましてや、折角休日をとって、旅行に行ったり遠方に写真撮影に行ったのに、折角撮影しえたデーターも取り出せないなんて、ガッカリするし幻滅すると思う。
 
 
そこで、万が一を備えて是非とも覚えていたいサービスとして、今回のデーマである「データー復旧サービス」で、このサービスの存在を知った時は、保険代わりにおぼえておこうと思った。
 
自分でも調査した結果、完全復旧の保証は無いようですが、メモリーカードやフラッシュメモリーを分解してデーターを取り出す方法らしい。
 
最近は、大容量メモリーカードや大容量フラッシュメモリーは安価になってるから、諦めはつくが、データーだけは、二度と戻ってこないデーターもあるので、「神の手」のようなサービスだと思う。
 
 
料金は、16,000円で、復旧日数が約1日程度との事で、それなりに高いが万が一の際には、試して見たいと思う。
 
 
▼MDS、フラッシュメモリから直接読み出すデータ復旧サービスを開始
http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20338582,00.htm?ref=rss
 
▼公式サイト⇒フラッシュメモリ直読みサービス開始
http://www.lp-mds.com/datarecover/chokuyomi.html
posted by てるちゃん at 13:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。